ADHDの治療薬(コンサータ・ストラテラ)は脳内にある神経伝達物質に影響を与えてくれる薬

ADHDに薬物療法はあるのでしょうか?

答えはYESです。

もちろん、治療薬の効果は人により個人差はあるようですが、
ADHDの主な症状である【不注意】【多動性】【衝動性】といった症状をかなり抑えられら方も居るようです。

ただし、その効果は非常に限定的なもので、まさしく治療薬を服薬している時のみに効果を発揮します。その為、場合によっては根本的な治療にならないケースもあります。
また、副作用も個人によって現れ方が異なるので、本当に必要なのかどうかも含めて、必ず医師と相談しながら服用をされたほうが良いでしょう。

ここでは参考までに主な治療薬を2種類ご紹介いたします。

スポンサードリンク

○ストラテラ
脳内にある神経伝達物質「ノルアドレナリン」や「ドーパミン」の濃度を上げ、結果的に欠如しがちな集中力や注意力などを強める薬です。上記のメカニズムで特に注意欠陥・多動性障害に効果があると言われています。効果が現れるまでには約1ヶ月かかるようですが、効果が出始めると、24時間持続します。また、食欲不振や強い眠気などの副作用が出る方も居るようです。
○コンサータ
脳内にある神経伝達物質「ノルアドレナリン」や「ドーパミン」を調節し、集中力の活性化を図る薬です。
最大の特徴はその即効性にあり、服薬後1~2時間程度で効果を得られます。効果の持続は12時間程で、頭痛や食欲不振などの副作用が出る方もいるようです。

※ストラテラ、コンサータ共に、副作用が強く出る場合があったり、持病によっては服用自体が出来ない方も居るようなので、服用される場合は、必ず医師に相談の上行いましょう。

コンサータは2008年に小児用として認可され、2013年には大人用にも認可された精神薬です。ストラテラと違い、認定された医師しか処方できません。

メカニズムとしては中枢神経を刺激することで脳内のドーパミンの働きを促し脳内を活性化させます。これにより、脳内をスッキリさせやる気や集中力を高めるので、主にADHDの不注意の症状に効果を発揮すると言われています。

さらにコンサータの大きな特徴としては、やはりその即効性でしょう。服用しておおよそ1~2時間程度でその効果を発揮し、効き目も12時間程度持続します。その為、出勤前などに服用される方も多いようです。

○コンサータの主な副作用
・頭痛
・腹痛
・睡眠障害
・食欲不振
・発熱
・動悸・頻脈
・狭心症
・脳梗塞、脳卒中
・皮膚、及び肝臓の障害
・幻覚、精神障害
・チック

上記の副作用は個人差によるものですが、80%の人にになんらかの副作用が出ると言われています。多くの方は食欲不振など軽めの副作用が多いようですが、中には脳梗塞や脳卒中など、重篤な物もあるので服用には十分な注意が必要です。

また、先に説明したストラテラと異なり、コンサータは中枢神経刺激薬なので、脳内の神経にダイレクトに作用する事になります。

神経にダイレクトに作用するということは、それだけ即効性があるのですが、用法を間違えると依存症になってしまったり、重篤な副作用が出る可能性もあります。

上記のようなリスクがあるので国内では専門の認定医師しか処方できないようになっているのです。コンサータはストラテラよりも即効性があり、効果を感じやすい薬ですが、その分依存しやすい薬とも言えるので、必ず医師に相談し、服用の際もしっかりとした説明を受けるようにしましょう。

ストラテラは2009年に小児用として認可を受けてから、現在では成人用としても一般的なADHDの薬として広く使われるようになりました。

ストラテラの効果の仕組みは、脳内の神経伝達物質脳「ドーパミン」や「ノルアドレナリン」の分泌を促す事で、主に集中できない、落ち着かないなどの多動性、衝動性の症状を抑えることができるというものです。

そもそもADHDの症状は、ノルアドレナリンのような神経伝達物質の濃度が足りないために起こると言われています。何らかの原因でこのノルアドレナリンを過剰に消費されてしまう場合、この動きをを阻害することで、正常な濃度に調整し、脳内を正しい働きに戻すことが可能になるのです。

スポンサードリンク

ストラテラの注意点としては効果が安定して現れるのに6~8週間程度かかり即効性は無いという点です。しかしこれは、逆に良い点として脳への負担が少なく、依存のリスクが少ないということも言えます。

また、ストラテラの効果を得られた人は以下のような実感を得られる人が多いようです。

・頭が整理されて静かになった。
・感情が落ち着くようになった。
・視野が広がった。

こうして見ると、とても良いことづくしの様に見える「ストラテラ」ですが、薬には副作用が付きものです。当然ストラテラにもいくつかの副作用が報告されています。

○ストラテラの主な副作用
・腹痛
・吐き気
・嘔吐
・下痢
・便秘
・食欲減退
・頭痛
・眠気
・めまい
・肝機能障害、黄疸

他に、暴力的になるような症状も稀にあるそうですが、
ほとんど副作用を感じない人も居るようです。

どちらにせよ、処方の量や体質などの個人差もある為、
服用の際は必ず医師と相談して計画的に使用しましょう。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク