ASD(自閉症スペクトラム障害)とは?ASDとADHDの違いと合併しやすい病気を知ろう

ASD(自閉症スペクトラム障害)とは、発達障害の一種で、社会性やコミュニケーションなどに困難を抱える障害です。「常同行動」という特定の動きを繰り返したり、物事へのこだわりが強い特徴があります。”スペクトラム”という言葉は「症状の連続性」を意味します。

ASDは以下4つに分類されます。

1.アスペルガー症候群
自閉症にみられる「対人関係」「社会性」に問題があるものの、
知的障害がなく、言語の障害もない。
2.高機能自閉症
アスペルガー症候群と同様に知的障害はないものの、
言語の遅れがある。
3.非定型自閉症
自閉症の特性を持っているものの、アスペルガー症候群にも高機能自閉症にも属さないケース。重度の知的障害により、自閉症の特性を示さないものも含まれる。
4.社会的コミュニケーション障害
なんらかの理由でコミュニケーションに支障をきたしている状態を指す。

このサイトで大きく取り上げている「アスペルガー症候群」はASDに含まれます。

スポンサードリンク

発達障害は
・ASD(自閉症スペクトラム障害)
・ADHD(注意欠陥多動性障害)
・LD(学習障害)
などに分類されます。

ASDとADHDの共通点

ASDとADHDの共通点は
・不注意によるミスが多い
・相手の話を理解できない
・相手に失礼な態度をとってしまう
・周囲から自分勝手な人と思われがち

この点が大きく挙げられます。

しかし特性を比較してみると、
それぞれはっきりと中身が異なるのです。

ASDとADHDの違い

では具体的にASDとADHDの違いはどのような部分なのでしょうか。
「仕事」を例に比較してみましょう。

ADHDの場合
・集中力が続かない
・ケアレスミスが多い
・時間の感覚が弱い
・デスクや自分の持ち場が散らかっている
・提出日等を忘れやすい
このような特性が原因で、
問題を起こしてしまう場合があります。

ASDの場合
・一部の仕事にこだわりすぎて時間がかかる
・指示の聴き取りが苦手
・予定外の事態が起こるとパニックになる
・複数の作業を同時にこなせない
このようにADHDとは問題が異なります。

ASDは同じルーチンワークを好みます。そしてイレギュラー対応がとても苦手。妥協ができなかったり、こだわりが強すぎて融通が利かなく、それが周囲の人とうまくいかない原因になることもあります。またあいまいな指示も苦手です。

ASDの人は、突発的なことが起こるとパニックになりやすいです。また過去の嫌な経験などから不安感を強く感じてしまい、強いフラッシュバックを覚えたりしてしまうこともあります。自分に余裕がなくなると感情的になったりもします。

またADHDとASDの症状を併せ持つ混合タイプの人も存在します。同じASDでも人によって若干異なってきます。強く出る特性とそうでない特性が共存していて、たとえば突発的な問題が起きてもADHDタイプが強ければ「よし!これでまず対処してみるか!」と臨機応変に対処でき、ASDタイプが強ければどうしていいかわからなくなり、混乱してしまいます。

スポンサードリンク

ASDやADHDに合併しやすい病気

ASDやADHDの人に合併しやすいのが「二次障害」です。
なぜ二次障害が起こりやすいのかというと、普通の人と比べて神経の働きが独特で繊細なために「ストレス」を感じやすい体質であることが考えられます。

またストレスを感じてもうまく対処することができず溜まりやすいので、うつ病や不安障害、体調不良などの二次障害を起こしやすいのです。これらの二次障害によって精神科などを受診したことをキッカケにASDやADHDであることに初めて気づくというケースも少なくありません。

ASDやADHDは生まれつきのもので完治することはできません。しかし二次障害は精神科の受診や薬物療法などで治すことができます。自分の状態がおかしいなと思ったら、精神科を受診することをオススメします。

日本では精神科に受診することは「恥ずかしいこと」と思われがちですが、アメリカなど海外ではカウンセラーにかかることは珍しいことではありません。問題を解決するために受診するので、症状が悪化する前に受診することはとても大切なことです。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク