落ち着きがなく不注意が目立つADHDの3つの行動特性と不注意や多動・衝動性が現れる脳のしくみを知ろう

ADHDとは、発達障害の仲間の1つで、
注意欠陥多動性障害ともいわれています。

ADHDは、Attention-Deficit (注意欠陥)Hyperactivity(多動性)Disorder(障害)の略語で、それぞれ「不注意型」「多動・衝動性型」「混合型」の3つのタイプがあります。

小さいころは落ち着きのない多動性や、欲望を抑えられない衝動性が強く現れ、大人になるにつれて多動性の症状は薄らぎ、不注意によるミスや失敗が多くなってきます。

スポンサードリンク

ADHDの3つの行動特性

「不注意型」
・忘れ物をしたり、物をなくしたりする
・うっかりミスが多い、同じミスを繰り返す
・気が散りやすく、物事に集中できない
・身だしなみに無頓着
・整理整頓が苦手
「多動型」
・落ち着きがなく、じっとしていることができない
・きょろきょろ動いてしまう
・貧乏ゆすりをしたり常に手足が動く
・早口でよくしゃべる
「衝動性」
・思いついたことをすぐに口にする
・順番を待つのが苦手で割り込もうとする
・短気である
・人のものを奪ったり無断で触ったりする

大人のADHDでは「不注意」や「衝動性」が目立ってきます。社会人になって仕事での症状が顕著に現れてきます。不注意やミスの多い人、集中できる時間が短くついサボりがちな人、デスクがいつも汚くて片付けができない人など、さまざまな特徴がでてきます。

子供の頃は、多動性も衝動性も不注意もあまり問題にはなりませんが、大人になって仕事やプライベートでこのような症状が目立つようになると、だらしのない人と思われたり、信用度が下がってしまい、自信を喪失してしまうことも多々あります。しかしADHDはその人自身が悪いのではなく、脳機能の偏りが大きく影響しているのです。

スポンサードリンク

ADHDと脳機能の偏り

ADHDの人の不注意や多動性、衝動性のメカニズムは現在ははっきりとは解明されていませんが、脳機能の偏りが影響していることは明らかといわれています。中でも有力視されている仮説が「前頭葉の働き」です。

脳の前部にある前頭葉は、「ワーキングメモリー」とよばれていて注意力、判断力、推論、感情などのコントロールをつかさどっています。脳の画像診断によるとADHDの人はこの部分が比較的小さく、血流量も少ないことがわかっています。それによってワーキングメモリーがうまく機能しないといわれています。

脳の中心部には、行動や運動にかかわる「尾状核(びじょうかく)」という部分があり、ここも通常の人よりも小さいといわれています。さらには脳波を調べると、実年齢よりも幼い波形であることから脳の形成が未成熟との報告データもあります。

これらのことからADHDは脳の発達や偏りに原因があると一般的にいわれています。

神経伝達物質も影響している

脳の中には快感や幸福感、運動調節に関係して中枢神経系の働きに欠かせない「ドーパミン」、不安や恐怖、記憶、集中などと関係している「ノルアドレナリン」、ドーパミンやアドレナリンをコントロールし、精神を安定させる「セロトニン」などの神経伝達物質とよばれるものがあります。

神経伝達物質は、「シナプス」という神経細胞から放出され、別の神経細胞の受容体に結びついて情報を伝達し、その後トランスポーター(膜輸送体)システムによって再び元の神経細胞に取り込まれて再利用されるしくみになっています。

ところがADHDの場合、脳の前頭前野のトランスポーターが過剰に働いてしまうため、神経細胞からシナプス間際のに放出されたドーパミンが次の受容体に結びつく前に再取り込みされてしまうため、別の情報細胞に情報が伝達されなくなってしまい、ADHDの特徴である不注意や多動・衝動性が現れるといわれています。

コンサータとストラテラを使用した薬物療法

ADHDにはコンサータやストラテラなどの薬物療法が効果的といわれています。
コンサータは、トランスポーターと結合してドーパミンが過剰に再取り込みされるのを防いでくれます。さらにシナプス間際の神経伝達物質量を増やしてくれる作用があります。

またストラテラは、トランスポーターと結合してノルアドレナリンの再取り込みを防ぎ、前頭前野でノルアドレナリンとドーパミンのトランスポーターの働きが重なっているため、結果としてドーパミンの過剰な再取り込みを防いでくれます。

いずれも18歳未満の治療薬として用いられているので、日本では大人のADHDにはまだ使用が許可されていませんが、将来的には認可される可能性があるといわれています。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク