家族がうつ病に!?どう対処したらいいの?

うつ病は「心の風邪」とも称され、誰もがかかる可能性がある病気という認識が、社会に広まりました。

日本人の13人に1人が、一生のうちに一度はかかるというデータからも分かるように、いつ誰がうつ病になってもおかしくはないのです。

しかし、いざ家族など身近な人がうつ病になってしまうと、どのように対処してよいのか分からないものです。

スポンサードリンク

うつ病患者への対応は難しい?

うつ病においては症状が極端に重い場合は、精神科での入院治療が必要になりますが、多くのケースは通院しながら自宅療養をすることになります。

学校や会社を休み、1日自宅で過ごすうつ病患者の家族がいるというだけで、うろたえてしまったり不安感を覚えてしまったりする人もいるかもしれません。一体どんな言葉をかけたらよいのか?励ましてよいものなのか?おそらく悩むのではないでしょうか。


そこで以下では、家族にうつ病患者がいる場合、どんな言葉をかけるべきか、どんな態度で臨めばよいのかを具体的に見ていくことにしましょう。

うつ病初期段階での対応


うつ病の初期段階では、体がだるい、体に力が入らないなどの症状があります。また、判断力や思考力も極端に落ちており、ベッドから起き上がるのもつらいという状態です。


こんなときは、休養することが一番の治療になるので、家族も声を掛けることはせずに、あたたかく見守ることが大切です。

つい「頑張って」などと話しかけたくなりますが、判断力・思考力が落ちているうつ病患者には、こうした激励さえも「ダメ出し」と聞こえてしまう恐れがあります。それが、さらにストレスとなり、症状を悪化させてしまうこともあり得るのです。


ですから、うつ病の初期段階の患者には、安心して睡眠がとれるような環境づくりをしてあげたり、ゆったりした食事の時間をつくってあげるのが最良の方法となるでしょう。

スポンサードリンク

うつ病後期での対応


通院や薬物療法の結果、症状に改善の傾向が見られる場合は、ある程度の勇気づけや励ましが効果を発揮します。

うつ病が快方に向かい、心身ともに元気を取り戻しつつあるとはいえ、長い期間休養していたため、社会生活に対する自信や生活リズムを失っている可能性があります。

こうしたうつ病後期には、適度な勇気づけや励しが自信を取り戻すきっかけにつながるのです。


症状が重いときには無頓着だった身だしなみを気にし出したり、時間に対する感覚も少しずつ戻ってくる頃です。ですから、身だしなみが整ってきたことを褒めてあげたり、朝しっかり起きたことを認めてあげるのもよいでしょう。

あくまでも、自然にさりげなく語り掛けるのが重要なポイントです。また、日によって症状がぶり返すこともありますが、そうした変化に一喜一憂することなく、静かに見守ることを心掛けましょう。


うつ病の症状がさらに改善され、患者本人に外出や趣味活動への意欲が見られたら、そっと背中を押してあげましょう。

しかし、この段階でも「頑張って」という言葉はやめておくべきでしょう。完全に治るまでは、患者本人が負担に感じることのないフレーズでの励ましが大切なのです。

最後に

家族がうつ病になれば、悲観したり慌てたりするのは当然のことです。最初はどう対処してよいのかも分からないでしょう。しかし、そんなときこそ冷静になり、患者の身になって考えを巡らせてみるのです。


ただし、家族だけで支え続けて、みんなが健康を害するようなことにならないよう気をつけなければなりません。そんなときはドクターや職場に頼ることも必要でしょう。


患者を孤立させない、そして家族だけで抱え込まない。そんな考え方もうつ病の早期治療には必要なのではないでしょうか。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク