心の元気を取り戻そう!日常生活でのセルフケアとは?


気分の浮き沈みが激しい、眠れないなどメンタル面で不安を抱える人の中には、普段のライフスタイルを少し見直すだけで症状が和らいだり、疾患が予防できたりするというケースが多く見受けられます。


日常生活でのセルフケアで疾患の緩和や予防ができるのであれば、それが一番よいことなのは間違いありませんよね。

では、どんな生活を送れば精神疾患の緩和や予防につながるのかを具体的に見ていくことにしましょう。

スポンサードリンク

朝日を浴びる


精神のバランスをつかさどる物質のひとつにセロトニンというものがあります。セロトニンは精神の安定や心の安らぎに大きく関与していることから「幸せホルモン」とも呼ばれています。


そのため、セロトニンが不足すると、気分が落ち込みやすくなったりうつ病を発症したりと精神のバランスが崩れやすくなるのです。

セロトニンは太陽光を浴びることによって脳内で分泌されることが分かっています。ですから、天気のよい日は屋外で日光に当たり、セロトニンの分泌を促すことが重要です。


また、体内時計の調整も精神バランスを保つには必要不可欠なので、できれば毎朝定刻に起きる習慣を身につけ朝日を浴びることをお勧めします。

適度な運動をする


ジョギングや水泳などに代表される有酸素運動はセロトニンの働きを活発にすることが分かっています。


普段運動不足と感じている人は、急に運動量を上げると心臓などへの負担がかかりますので、最初は軽めのウォーキングから始め、徐々にジョギングや水泳に取り組んでみてはいかがでしょうか。

汗をかくことは代謝がよくなることにもつながるので、美容やシェイプアップにも最適ですよ。是非チャレンジしてみてください。

スポンサードリンク

1日3食の食事を摂る


栄養バランスのよい食事をすることは、心身の健康を保つことの大前提です。精神的な病を患ってしまった患者の中には、ファストフードやスナック菓子、カップ麺ばかり食べていたという人が決して珍しくないそうです。

バランスのよい食事を摂ることにより体に栄養が行きわたり、心の調子もよくなることは当然のことと言えるでしょう。

また、きちんと3食摂ることも重要です。特に体調が悪く服薬している人は、食後に薬を飲むケースが多いですから、胃をいたわるという意味でも3食は欠かせません。

さらに、食事には薬の副作用を軽減する効果があるとの報告もなされているので、規則正しく3食の食事を摂る習慣を身につけましょう。

積極的に笑う


縁起のよいことわざで「笑う門には福来る」というものがあります。これは医学にも当てはまるようです。
笑うことによって脳が活発に活動し始め、血液中のNK細胞という癌細胞を殺す働きを担う細胞が活性化し、免疫力が高まるという研究報告は医学界ではとても有名です。

この研究報告は笑いと癌との関係ですが、笑いは精神の安定にも寄与すると言われており、落語や漫才、あるいはバラエティー番組などを見ることを積極的に推奨している精神科医も存在します。

笑いによりもたらされる楽しい感情は、脳神経を刺激しドーパミン、セロトニン、アドレナリン、エンドルフィンなどの神経伝達物質を分泌させて、精神状態を安定したものにしてくれるというのがその有力な根拠となっています。

確かに大笑いしたあとの気分は爽快感とも言えるようなものですよね。一人きりの部屋でお笑いのDVDやテレビを見るだけでも十分効果が期待できるそうなので試してみてはいかがでしょうか。

熱中できることを見つける


好きなことに熱中するとストレスの解消につながるのは当然ですが、脳の中で思考のバランスが整うと言われています。

嫌な仕事に携わって失敗したとしましょう。すると、失敗したのは取引先が無理な要求をしたせいだとか、全く反対に、すべて自分の能力不足のせいだなどと極端に悲観的な思考に陥りがちです。

しかし、好きなことで失敗したとしても、なぜ失敗したのだろう、次こそ成功させて楽しい思いをしようといったように冷静かつ前向きに物事を捉えることができるのです。

こうした思考方法が習慣化すると、何事にも対しても冷静に取り組めるようになり、精神のバランスが極めてよくなっていきます。

何でもよいので、熱中できることを見つけて一生懸命取り組んでみましょう。そこから得られる思考はきっと精神の安定につながるものになるはずです。

最後に

精神疾患の緩和や予防に役立つ代表的なセルフケアを挙げてみました。やってみたい、これならできるというものはあったでしょうか。

急にライフスタイルを変えるのもストレスの原因になり逆効果になってしまう恐れがあります。自分に合ったセルフケアを少しずつ取り入れて精神のバランスを保つよう心がけてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク