「SSRI」には不安や恐怖を抑える改善効果があり!?特徴と注意点をチェック!

社交不安障害の薬物療法で、基本的に使用されるのが「SSRI」です。

SSRIは主に「抗うつ剤」としても使用されていて、服用することで苦手なことから逃げることが少なくなり、新しい行動パターンができるようになっていきます。落ち込んだり気分が重いとき、そのマイナスの感情を改善させ、じっくりと脳内物質のバランスを整えてくれます。

スポンサードリンク

SSRIはセロトニンの減少を防ぐ働きがある

SSRIは毎日定期的に服用していると、落ち込んだり気分が重くなったりすることがなくなっていくといわれています。それはSSRIがセロトニンの減少を防ぐ働きがあるからです。効果が出てくると安定した感情の調整がしやすくなって、過剰な不安や恐怖が生じにくくなります。ただし効果は人それぞれ個人差があります。

もともとSSRIはうつ病の治療薬なのですが、現在では社交不安障害、PTSD、パニック障害、月経前症候群などにも有効性が高いことが知られていて、副作用も比較的少ないともいわれています。だいたい服用してから効果が表れるのは1週間~3週間後といわれています。

SSRIで感情のコントロールができるようになってくると、他人とコミュニケーションをとろうという気持ちも湧いてきます。安定した効果を定期的に持続させるには少なくとも1年は服用を続ける必要があるようです。

SSRIの副作用や注意点を知ってから活用しよう

SSRIを服用すると、開始1~2週間頃に、吐き気、頭痛、眠気などの副作用が起こることがあります。ほとんどの人は一時的なものであり、途中で症状は消えるようです。また、人によっては射精しにくくなる性機能障害が表れることもあるようです。飲み始めで起こる消化器系の副作用は、吐き気、食欲低下、便秘、下痢などがあります。眠気や口の渇き、倦怠感などは、従来の抗うつ薬に比べると発症率が低くなっているようです。

アクチベーション・シンドロームに注意する

特に注意が必要なのは「アクチベーション・シンドローム」という特殊な副作用です。
この副作用はSSRIの血中濃度が不安定な時に生じるもので、主にSSRIを飲み始めや増量時、自己判断で服用の量の調整時に生じやすいです。具体的には一時的に気分が変に持ち上がってしまう症状がでます。

アクチベーション・シンドロームの具体的な症状
・不安
・イライラ
・焦燥感(不安なためにじっとしていられない症状)
・易刺激性(ささいなことがきっかけで怒りっぽくなる症状)

SSRIの飲み始めにセロトニンが急に活性化されるため、からだが慣れるまでにこのような副作用を起こしてしまうわけです。ちなみにアクチベーション・シンドロームは「賦活症候群(ふかつしょうこうぐん)」とも呼ばれています。

SSRIを上手に服用するコツ
基本的には飲み始めにはゆっくり増量し、やめるときもゆっくりやめていくことがいいとされています。

SSRIの服用については、急に中止すると、めまいや耳鳴り、吐き気や皮膚のビリビリ感を感じる場合もあります。専門医に十分に相談してから服用するのがおすすめです。

スポンサードリンク

出典 あがり症の対人恐怖症・赤面症の悩みをぐんぐん解消する基本ワザ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク