アスペルガー症候群や適応障害で苦しんでいる人が今よりもラクに毎日を生きるための6つの方法

アスペルガー症候群や適応障害で悩んでいる人は、どうすれば今よりも毎日をラクに生きられるのか。今からでも簡単に取り組める6つの方法をご紹介します。

生活のリズムを整える

アスペルガー症候群の人は、生活のリズムが乱れやすく、その影響でこころとからだに不調が現れやすくなります。まずは生活のリズムをしっかりと安定させて、時間帯の規則を守ることを意識します。

具体的には①起床時間、②食事時間、③睡眠時間を決めてこのリズムを体に憶えさせます。朝陽を浴びることでセロトニンが分泌されて自律神経も整うので、こころとからだの不調を改善する効果が期待できます。したがって生活リズムは「早寝早起き」がオススメです。

自分の部屋にはできるだけ物を置かない

アスペルガー症候群の人は、視覚や聴覚の情報を敏感に拾って頭に取り込んでしまうため、自分の部屋に物が多いといろいろなことを考えて疲れやすくなってしまいます。生活空間とよばれるスペースはできるだけスッキリさせておくとストレスを軽減することができます。

特に掃除が苦手な人は、シンプルな状態をキープしておけば片付けの手間を減らすこともできます。ぜひ意識してみてください。

スポンサードリンク

一人の時間、一人の空間を大切にする

アスペルガー症候群の人にとって自分だけの時間、一人で過ごす時間はとても大事です。たまったストレスを吐き出せる環境をつくるためにも、自分のための避難スペース、リラックスできる空間を確保しておきましょう。

今現在、時間や場所が確保できていないのなら、自分だけのために充てられる時間がないか今一度1日の流れを見直してみましょう。

どんなことでもメモをする

買い物の予定や、人との約束、自分の予定などなんでもメモをする習慣をつけてみましょう。想像することが苦手なアスペルガーの人にとってメモは頭の中の地図にもなり、イメージングがしやすくなります。

メモを見直すことで、脳のメモリーからすぐに情報を引き出すことができるので、仕事でも日常生活でもきっと役に立つはずです。

自分専用のマニュアルをつくる

自分のためのノートを用意しておき、仕事で憶えたこと、プライベートで学んだことなどを書き留めておくのも有効な方法です。アスペルガー症候群の人は、脳機能の影響で不注意な部分が目立ってしまうと、いつも同じ失敗やミスを繰り返してしまいがち。こういう時のために自分専用のマニュアルやメモなどに記録をしておくと、未然にミスや不注意を防ぐキッカケにもなります。

没頭できる趣味や好きなものを大事にする

例えば大好きなアニメやコレクション、好きな音楽鑑賞やイベントなど、自分が時間を割いて夢中で楽しめるものを持っておくことは非常に大事です。精神的に不安になったとき、自分だけの世界を楽しむことでリラックスできたり気分転換をはかることができます。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク