アスペルガー症候群を正しく理解し受け入れる環境があるかないかで本人の人生は180度違う

アスペルガー症候群は、周囲が理解し、適切なフォローをすることで、「本人の生きづらさ」を軽減することができます。理解や支援があるのとないのでは、日常生活において本当に大きな差が生まれます。

アスペルガー症候群は、脳機能の問題によりコミュニケーションが苦手だったり、社会性に難しさを感じる障害です。家庭や地域、学校や職場などの環境で、周囲の正しい理解と支援を受けることができれば大きな問題に発展しないのもまた事実です。

逆に周囲がアスペルガー症候群に理解がない環境であれば、本人は相当な問題を抱え、生きづらさを感じてしまうでしょう。そうなると二次障害に発展しやすくなってしまいます。

スポンサードリンク

二次障害の対応は早急に

アスペルガー症候群の社会性の難しさや、コミュニケーションの苦手さなどから二次障害へと発展してしまった場合は、できるだけ早急に対処する必要があります。二次障害のなかには進行すればするほど対応が困難なものもあります。有力な方法としては精神科を受診しケアすることです。

二次障害は本人にとっては本当につらいことです。
二次障害が起こったということは、今いる環境が本人にとって適切ではないということになります。環境を変えることもひとつの方法ですし、周囲が理解と支援をすることも大切です。

理解や支援が得られない場合

周囲の理解や支援が得られない場合、不安な気持ちも膨らみ、自信が持てなくなり恐怖感からコミュニケーションが取れなくなっていき、孤立しがちになる

↓↓↓

すべてのことに自信を失い、二次障害が引き起こされる

↓↓↓

二次障害により本人は苦しさが増し、さらに様々な事に適応できなくなる。周囲も対応が困難になっていく

理解や支援がある場合

正しい理解と適切な支援環境があると、「安心」して過ごせるようになり、失敗やトラブルなどが起こりにくなる

↓↓↓

気持ちにゆとりを持つことができ、いろいろなことに自信を深めることができるようになる

↓↓↓

自信をもって物事をこなしていくことで、自尊心を高め、充実した人生を送れるようになる

アスペルガー症候群の人は、一事が万事という考え方の人も多く、何か1つトラブルがあるとすべてに自信を無くしたり、パニック状態になりその他のことを考えられなくなってしまうケースもあります。そのため1つの事に囚われてしまうと、ネガティブな精神状態になり、二次障害に陥りやすくなるのです。だからこそ周囲の理解と支援のある環境を選ぶことが非常に重要になってきます。

アスペルガーの特性を受け入れる

アスペルガー症候群はその根本を完治させることができません。したがって周囲の人は「努力すれば治る」「がんばれば克服できる」などと言っていけません。結果的に本人が自分を卑下したり、自己嫌悪に陥って
自身を追い詰めることにつながってしまいます。

アスペルガーの特性自体は生まれ持ったものなので「受け入れる」覚悟が必要になります。症状や特性に寄り添ってどうやったら問題を回避してスムーズに物事を進められるかを一緒に考えましょう。環境を整えて支援することができれば状況が良くなることは間違いありません。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク