アスペルガー症候群の人は五感がアンバランスであいまいな指示や代名詞を理解するのが苦手

人間は目、耳、鼻、舌、皮膚の五感を通して、
いろいろな情報を取り入れることができます。

五感から取り入れた情報を脳が認識するためには、
五感の感覚器がうまく機能していなければなりません。

しかしアスペルガーの人は、
この感覚がアンバランスだったり、
極端に過敏な人や鈍感な人がいます。

特徴的な五感のアンバランスとは

視覚
・ふつうの光でも、目が開けれないほどに眩しく感じる
・周囲の動いているものが気になり、まともに会話ができないときがある

嗅覚
・電車や人混みで、香水や人の体のにおいが極端に苦手

味覚
・食べ物の好き嫌いが激しく偏食になりがち

触覚
・人に体を触られるのが極端に苦手
・触られるとビクっとしてしまう

聴覚
・小さな雑音や話し声も1つの塊の音となって耳に入ってくるため、気になって目の前のことに集中できなくなるときがある
・特定の音や雑音で不安感やパニック状態になる

温痛覚
・指が切れて血が出ていることに気づかない
・周囲の人と温度感が違ったり、寒さや暑さに鈍感

運動覚
・スキップができない
・なわとびや跳び箱など、手足を同時に使うのが苦手
・ぬいもの、あみもの、手先を使う作業が苦手
・絡まった紐を解いたり、靴の紐を結ぶのに時間がかかる

そのほかにも、外を歩いていてよくつまづいたり、
家であちこちに手や足をぶつける、物をよく落とすなど
体の位置感覚が鈍感な人もアスペルガーには多いようです。

例えば、通勤の満員電車で肩が触れ合うことが耐えられなかったり、人混みでのタバコのにおいや体臭、香水や整髪料のにおいで具合が悪くなってしまい、通勤が苦痛に感じる人もいます。

またちょっとした雑音が気になり、周囲のすべての音を耳が拾い取ってしまい、混乱したりパニックになることもあります。

それらは放っておくと、ストレスが溜まって身体に悪影響を及ぼします。

音やにおいへの悪影響を回避する方法

雑音に敏感な人は、携帯プレーヤーなどで自分の好きな音楽をかけたり、イヤーマフを防音・防寒の意味でつけるなどの方法もあります。

また、においが気になる人はあえてガムを噛んだり、息を吸った時に微量の香りがするマスクを装着するなどして、他のにおいが気にならない状況をつくってみましょう。

環境を大きく変える方法もある

それでも通勤が絶望的に嫌だという人もいます。

知らない人混みの中で、においに耐えられなかったり、ぎゅうぎゅうの閉鎖空間で息苦しくなってしまい、会社に着くころにはぐったりしてしまう人もいます。

もし会社で働くこと自体に問題がないのであれば、
思い切って会社の近くに引っ越すという方法もあります。

そうすれば人混みの中で五感を襲うストレスも軽減され、電車の通勤に要した時間も浮かすことができ、今まで以上に「自分の時間を増やす」こともできます。

スポンサードリンク

アスペルガーの人は、
急な予定変更が苦手といわれています。

これはアスペルガー特有の「想像力の弱さ」が影響しています。

例えば仕事などで突然の変更があった場合、
どのように対処すればいいのか明確に想像ができず、
頭が真っ白になったり、思考が停止してしまうのです。

想像力の弱さがもたらすメリット

アスペルガーの人は規則性に強いこだわりをもつ人が多く、
何かに取り組むとき、自分の中で決められたルールに沿って
手順通りに作業を遵守して行うことを得意とします。

これは想像力が弱い分、より集中して物事に取り組むことができる、
アスペルガーの短所が生み出した長所といえます。

したがってマニュアル通りに作業を行う仕事は向いているでしょう。
その反面、その場その場の状況や、人によって対応が変わるような
交渉の仕事や営業の仕事、対人コミュニケーションが求められる仕事は
比較的苦手かもしれません。

普遍的な、変わることのない作業が求められる仕事は得意。
臨機応変で柔軟性が求められる仕事は苦手。
これがアスペルガー症候群の特徴といえます。

今の環境が臨機応変を求められる状況なら

すでに現在の状況が臨機応変を求められる環境なら、
なんとかする方法は2つあります。
1つは転職を検討すること。
もう1つは現状を少しでも改善できる策を講じることです。

仕事は辞めることは簡単かもしれませんが、
再就職することは今の時代は簡単なことではありません。

退職すると収入も下がりますし、手続きもたくさん必要です。
仕事を辞めることにエネルギーを使い、
転職活動にもエネルギーを使います。
家計のやりくりも大変になり、お金に困る問題も生じます。

では現在の仕事を続けながら、
少しでも改善できるポイントについて考えてみます。

臨機応変が求められる仕事との上手な付き合い方

交渉や打ち合わせなどが苦手な場合は
自分自身が苦手だということを打ち明けて
他の人にお願いしたりサポートしてもらいましょう。

また、自分自身の得意な作業をリストアップにして、
できるだけ得意分野の作業を任せてもらえるよう
相談してみましょう。

アスペルガーの周囲の人は、本人が臨機応変を求められることが苦手だということを認識し、作業をお願いする時は、本人がフリーズしてパニックにならないよう、手順などをわかりやすく説明してあげるなどの配慮をしてあげましょう。

たとえ臨機応変な仕事が求められても、手順が腑に落ちればきちんと作業を行うことができるようになります。
スポンサードリンク

アスペルガー症候群の人は、
あいまいな言葉や代名詞を言われるとイメージが湧きずらく、
混乱してしまったり、会話が続かなくなることがあります。

理由は想像する力が弱いという特徴があるためです。

抽象的に聞こえる言葉が大の苦手

例えば、仕事で資料の場所がわからないとします。
上司に資料の場所を質問すると「机の中にファイルが入ってる」と回答があった場合、どの机なのかわからず、そこらじゅうの机の引き出しを開けてしまうなんてことも普通にあります。

他にも「あの件について確認しておいて?」と言われても、どの件を確認すれば良いのかさっぱり想像ができず、いろいろな件を頭の中で張り巡らせてにパニックになってしまいます。しかし前後の会話を想像できる人ならばすぐに特定できるはずです。そういった想像をつなげる力が普通の人よりも乏しいのです。

他にも
・きちんと対応してください
・ちゃんとしてよ
・考えればわかるよね
・配慮してね
などの言葉を言われても、何をどうしていいのか混乱してしまいます。

普通の問題解決のプロセスが以下の流れだったとします。
①頭で想像する
②問題を明確にする
③なぜ問題になったか考える
④問題が続くとどうなるか考える
⑤解決策を考える

アスペルガー症候群の人は一生懸命頭を使って考えようとしますが、①~⑤まで到達できずに頭が痛くなったり真っ白になるのです。そして自分を責めてしまったりします。その場しのぎで解決しても、結局何度も同じ間違いやミスを繰り返すのです。決して考えることが面倒くさいわけではなく、本当に想像するのが困難なのです。

想像力の弱さをカバーする

アスペルガーの人と話すときには、なるべく「あれ」「それ」「あそこ」などの代名詞を使われるとなかなか想像できないため、できるだけ具体的に伝えてあげましょう。

また「いつ」「どこで」「だれが」「何を」「どうしたのか」といった5W1Hを意識して話してあげると会話もスムーズに理解しやすくなります。

これは自分の頭の中を視覚的に「見える化」させる方法で、紙に質問と回答を書き出すことで、やっと自分自身で問題に気づき、再認識することができるのです。ここまでやって初めて普通の人と同じように想像できるレベルに到達します。想像力の弱さを少しでも改善したい場合は有効な方法ですのでぜひ実践してみてください。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク