アスペルガーの人が抱えやすい恋愛の悩みと異性へのアプローチで失敗しがちなポイントと対策

アスペルガーの人の中には、
特有の症状や考え方が原因で恋愛や結婚が
うまくいかないケースもあります。

今回はその原因と対策について考えてみましょう。

気持ちの交流ができてこそうまくいく

アスペルガーの人の特徴として、「社会性の乏しさ」と「想像力の乏しさ」があげられますが、実際にそのような特性を理解し向き合うことで、恋愛や結婚をしてうまくいっているカップルもたくさんいます。

気持ちのすれ違いを生みだす原因は、
・相手とのコミュニケーションが不足している
・自分の想像だけで相手の気持ちを決めつけている
・相手のことをあまり考えていない
ということがほとんどです。

うまくいくためには、相手ともっと会話を重ね、相手を理解しようと思うことです。どんなに小さなすれ違いでも、言葉できちんと説明することを面倒くさがらないようにしましょう。そこで一言説明するだけでお互いにわかりあえることもたくさんあります。

「相手と長期的な関係を築きたい」という気持ちがあれば、相手を理解しようと努力をすることができます。そうすればたとえアスペルガーの特徴があろうと、相手との距離を縮めたり、理解しあえる関係を築くことだって可能になります。ほんのちょっと相手を知ろうと意識するだけでもコミュニケーションの改善につなげることができます。

スポンサードリンク

相手とうまくいくためのポイント

・相手を傷つけた場合は素直に謝る

アスペルガーの人は悪気がないのに、平気で相手を傷つけてしまう言葉を発してしまうことも多いです。自分が発言することで相手がどう感じるか、その先を想像するのが苦手だからです。

相手に何かを伝えるときは、「こんな言い方をしたら相手は傷つかないか?」とちょっと意識をしながら話すクセをつけてみましょう。

基本的には思ったことや感じたことを瞬間的に口から発してしまうので、すぐに改善することは難しいはずです。相手が傷ついてしまった場合は、素直に謝るよう意識しましょう。

・助走期間をもつ

好きになったら正直に突き進んでしまうアスペルガーの人は、勢いがある分、相手が心の準備をする前に自分本位の行動をしてしまいがち。勢い余って相手との距離感がうまくとれずに、気持ちの温度差が生まれたり、心のキャッチボールができなかったりします。

日常的なあいさつや、何気ないやりとりもコツコツ継続していけば、お互いを受け入れる基盤となっていくはずです。助走期間をもつことは相手との距離感を一定に保つことにつながります。

まずは少しずつ、相手との歩調を合わせることを意識しましょう。少しずつ会話を重ねて、相手と小さなコミュニケーションを繰り返していく中でお互いを理解しあえる状況を築いていきます。仲が良くなってきたら、相手がひかない程度に少しずつ自分らしさを出していきましょう。

・良き理解者を見つける

自分ひとりで考え込んで悩んでも、解決しないこともあります。そんなときは冷静に判断できる人に相談することで、どん底の気分から脱出することもできます。案外自分が勝手に悩み過ぎていることも多いのです。

アスペルガーの人は自分で問題点に気づくというのが苦手です。
気軽に悩みを相談でき、間違った思い込みを指摘してくれたり、人の気持ちについて話し合える家族や友人などのアドバイザーを探してみるのもよいでしょう。きっと助けとなってくれるはずです。

アスペルガーの人は、異性とつきあう上で、
どんなことで失敗しやすいのでしょうか。

では具体的にどんなケースがあるのか
チェックしてみましょう。

スポンサードリンク

アスペルガーの人が恋愛で失敗しやすい7つのケース

【ケース1】
本やテレビなどから得た知識や情報を
そのまま当てはめて行動する。

例えばテレビドラマやアニメ、映画などで、カッコいい振る舞いをしている役者の喋り方や雰囲気を真似してそのまま引用することがあります。

たしかに参考になるものもありますが、不適切なものもあります。そのため相手がびっくりしたり、不快になることもあるので、あくまで参考程度にし、真似をしすぎないように注意する必要があります。

【ケース2】
自分の気持ちを伝えようと一生懸命になり、
相手の気持ちを考えずに行動してしまう

自分の気持ちを優先しすぎてその場の状況や周囲のことを気にせず行動し、浮いてしまったり相手が引いてしまうこともあるかもしれません。唐突すぎるアプローチには注意しましょう。自分が行動するときは客観的な視点をもって考えてから動くことが大切かもしれません。

【ケース3】
親しくなっていないのに、馴れ馴れしく話したり、体を触ったりする

相手はまだ気を許していないにもかかわらず、気軽に相手の体に触れてしまったり、馴れ馴れしい態度をとってしまい嫌われてしまうこともあります。馴れ馴れしく話したりスキンシップをとるのは、相手との距離感を縮めて、相手が自分を受け入れてからにするよう心がけましょう。

【ケース4】
相手の親切や優しさを、恋愛感情と勘違いして受け取ってしまう

学校や職場などで異性から優しく接してもらったり、親切な行為を受けるとすぐに恋愛感情と混同してしまい恋愛スイッチが入ってしまう人もいます。過度な思い込みはできるだけしないようにして、冷静に考えるよう意識することが大事です。

【ケース5】
相手に執着しすぎるあまり、ストーカーに近い行為をとってしまうことも

悪気はないけれど純粋に相手のことが気になりすぎて、帰り道を追いかけて行ったり、目で追いすぎたりして迷惑がられてしまうリスクもあります。ストーカー的行為をしないためにも、相手と上手にコミュニケーションをとって自然に近づけるよう、少しずつ距離を縮めながらアプローチしていくと安全かもしれません。

【ケース6】
下ネタについ走ってしまう

ある程度仲良くなると、ちょっと下ネタが入っても多少は会話が盛り上がるケースも多いです。しかしあまりに下ネタを多用すると女性は心の中でげんなりしてしまい、冷められてしまうリスクもあるので会話をするときは下ネタばかりにならないよう意識してみましょう。

【ケース7】
自分の好みや行動ばかりを優先して、相手のしたいことや要望を聞き入れない

異性と付き合う事になったとします。デートやお出かけで、自分の好きな場所や行動ばかりを優先してしまうと、相手が心底楽しい気分で過ごせなかったり、「自分のことばっかりな人」と思われて好印象を持たれない危険もあります。相手はどこにいきたいか。何をしたいか。相手の気持ちをヒアリングしてバランスよく行動することが大事です。「今回のデートは自分メイン。次回は相手の希望をメインに」などバランスよくそれぞれが楽しめるよう意識することも大切です。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク