アスペルガー症候群とは?人生に大きな影響を与える3つの特徴と優れた才能とは?

アスペルガー症候群とは、先天性の脳機能の異常により引き起こされる発達障害の一種であり、自閉症の仲間でもあります。

社会に馴染むことがなかなか難しかったり、対人関係の悩み、物事への強いこだわりなど、アスペルガー症候群のために生きづらさを感じている人は多いようです。

アスペルガー症候群の特徴・症状

アスペルガー症候群の特徴・症状は、
社会性の困難・欠如(社会人として当たり前の事がなかなかできない)
・コミュニケーションの難しさ(対人関係が上手にできない)
限定されたものに異常なこだわりを持つ(興味を持ったら固執する)
この3つが大きな特徴として挙げられます。

1.社会性の困難・欠如

アスペルガーの人は、
仕事で多くの困難を抱えているケースがあります。

たとえばやりたくない仕事があったとします。
普通の人なら「仕事」と割り切ればやりたくない事でもとりあえず作業をしますが、アスペルガーの人はやりたくない作業を行うのが苦痛で仕方がありません。体が本格的に拒絶反応を起こすので、それで原因で仕事が長続きしないということもあります。転職を繰り返している人もこの症状に悩まされている人が非常に多いのです。

2.コミュニケーションの難しさ

アスペルガーの人は、場の空気を読む、相手の気持ちを理解することが難しく、人間関係を上手に築くのが苦手な人が多いです。

みんなが喜んでいるときに一緒になって喜んだり、なぜかその場の雰囲気に心から同調できないこともあり、「自己中心的」「空気が読めない」などと誤解をされてしまうこともあります。

また、相手を傷つけてしまうことをはっきりと言ってしまうこともあります。
「君それ変だね」などと、直感で感じたことを言われた相手がどう思うのか想像できずに言ってしまうことがあります。会話能力は正常なのに、相手の表情や行間を読むことができません。そのため自分の知らないところで相手が傷ついていることもしばしばあります。

一般的に誰もが状況的にわかることでも、
言葉できちんと伝えなければわからないのです。

逆にアスペルガーの人が伝える立場になると、会話もぎこちなく見えてしまう場合もあったり、なぜか言い方が不適切であったりして、誤解を招いてしまう場合もあります。しかし本人はごく普通に伝えているつもりなのです。

3.限定されたものに異常なこだわりを持つ

アスペルガーの人は特定のものに異常な興味を持ちます。一見誰もがあり得ることのようですが、アスペルガーの場合、興味のあるものに関しては、過剰なまでに集中力を発揮し膨大な情報を記憶することも珍しくありません。特に法則性や規則性のあるものに興味を示す場合が多く、異常なほどの集中力や記憶力やこだわりをみせます。

また、規則的な行動にこだわり、決まった条件やルート、決まった日常習慣などがあり、このような本人が決めたルールを変わるとパニックになったり混乱してしまうこともあります。他人からルールを変えるように言われたりするのも苦手です。

スポンサードリンク

アスペルガー症候群の由来・歴史

アスペルガー症候群は、1943年にアメリカの児童精神科医、レオ・カナーにより、幼児自閉症、児童期精神病、児童期統合失調症など、自閉症に関する論文が発表された翌年の1944年にオーストリアの小児科医、ハンス・アスペルガーが自閉症と似ている診断症状の存在を報告します。

そして1981年、自閉症研究で有名なローナ・ウイングによってアスペルガーの論文が世間で再評価され、アスペルガー症候群という名前が世に知れることになりました。

現在ではアスペルガー症候群は自閉症スペクトラムという大枠の中のひとつとして定義されています。知的障害や言語障害のような自閉症症状がみられないので、一見普通の人とごく変わりはありません。

しかしコミュニケーション能力が求められる現代社会では、アスペルガー症候群をもつ人たちにとっては、アスペルガー症候群を知ることで、自分にはどんな特性があって、どんなことが苦手なのか、今よりもラクに生きるためにはどんなことに気をつければ良いのかなど、理解を深めることができるので、将来的にも情報のニーズが高まってくるはずです。もしあなたがアスペルガー症候群だとしたら、このサイトがあなたの生きづらさを少しでも解消する糸口になるかもしれません。

アスペルガーを「心の病気」と混同してしまう人が多い

アスペルガーをよく知らない人たちは「病気の一種」と
思われがちですが、それは間違いです。

アスペルガーは親のしつけや愛情などが原因ではなく、先天的な脳機能の障害です。ところがなかなか子供のうちは異常があっても「子供らしい人」と看過されることも多く、大人になってから気づく人も多いのが現状です。

ただアスペルガー症候群が原因で、人間関係の悩みやストレスがたまってしまい、二次障害としてうつ病などを発症するケースが多々あるため、心の病気と一緒に考えられがちですが、アスペルガーとうつ病は全く別物であることをきちんと理解する必要があります。

アスペルガー症候群の人は診断されたほうが心の負担はとれる

アスペルガー症候群の人は、言語障害や知的障害がないものの、周囲から「変わった人」「個性的な人」というイメージを持たれる場合が多いです。そのため、本人が生きづらさを感じていても、なかなか周囲から理解や支援を得にくいという面があります。周囲からの理解やサポートが必要な障害であることは間違いありません。

自分自身が「アスペルガー症候群である」と認識することができたなら、最初はショックを受けるかもしれませんが、そもそも「心の問題ではなくて脳の問題なのだから仕方がない」と思えるようになるはずです。そうすると今まで「自分はおかしいんじゃないか?」と思っていた心の不安が解けて、むしろ楽になるかもしれません。

アスペルガー症候群/適応障害ゆえの優れた才能

これまでアスペルガー症候群についてお伝えしてきましたが、
ネガティブな要素だけでなく、ポジティブな要素もあります。

アスペルガー症候群/適応障害ゆえの「異常なこだわり」や「異常な記憶力」。
これが自分の趣味や好きな事とマッチすると人一倍才能を発揮し、
仕事で大成功したり、偉業を成し遂げる可能性も秘めています。

私たちの周りにはこのようなアスペルガー症候群や適応障害をもつ有名人がたくさんいます。それは教科書に登場する歴史上の人物だったり、スポーツ選手や歌手であったり、超大物映画俳優だったりします。彼らも自分の特性を受け入れ、偉業を成し遂げたのです。「アスペルガー 適応障害 有名人」で検索するとあなたの知っているかもしれない有名人が出てきます。ぜひチェックしてみてください。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク