アスペルガー症候群の「強いこだわり」は仕事や趣味で成功をもたらす可能性がある!?

アスペルガーの人は、
何事も自分の中のルールで決められた
パターン化された動きの中で行動するクセがあります。

周囲からは「融通が利かない」「柔軟性がない」と
ネガティブにとられることもありますが、

一度興味やこだわりを持ち、インプットされた行動は
徹底して反復できるのである意味強力な強みともいえます。

規則的な強いこだわりをもつ2つの理由

アスペルガーの人が強いこだわりをもつのは一体なぜでしょうか?
これには理由が大きく2つあります。

1つめは、脳機能の問題で想像力をはたらかせることが苦手なために、
興味や行動の範囲が狭まってしまう事が関係しています。

想像力が乏しい中で、手順やルールを作り、パターン化することは至難の業。
それをパターン化できたなら、今度はそれを徹底的に励行しようとします。
いちいち想像しなくてもすむパターン化された行動は、
アスペルガーの人にとっては「安心できる行動」なのです。

そしてもう1つの理由は、興味やこだわりを持つと時間や周りの事が
一切気にならなくなるくらいに夢中になってしまう特徴があるためです。

たとえば「魚」が大好きで、子供の頃から毎日魚の絵を描いていた。魚の図鑑を集め知識が身につく。魚が見たくて休みの日には水族館へ出かける。そんな人が大人になって海洋生物にも詳しくなり、大学教授になって生徒に教える立場になる。これも自分の興味のあるジャンル、得意なジャンルで成功した例です。

スポンサードリンク

強いこだわりは大成功のキッカケに

アスペルガーの特徴をこれまでの記事でいろいろ挙げてきましたが、
一見ネガティブなものが多いですが、「規則的な強いこだわり」は
アスペルガー特有の才能を開花させるキッカケだったり、
仕事で誰にも負けない強みをつくるキッカケを生み出すこともあります。
これはスポーツや芸術、職人技が求められる分野で発揮しやすいといわれています。

あなたも自分の中で一生続けたい好きな事、
どんなに疲れていても取り組める興味のある事、
これをやらせたら誰にも負けないという事を、
徹底的に調べて取り組んでみるのも、もしかしたら
人並以上に才能を開花させる機会になるかもしれません。

「アスペルガー 有名人」と検索するとわかりますが、
歴史上の人物の中にも1つのことに人生を捧げるほど徹底的にこだわった結果、
成功して有名人になった人がたくさん存在しています。

あなたがもし、人並みはずれた強いこだわりがあるなら、
それを人生をかけて追及してみるのも良いかもしれません。

そこで成功すれば、これまで生きづらさを感じていた環境が、
あなたの成功を応援してくれる環境に180度変わる可能性も出てきます。

スポンサードリンク

強いこだわりが「偏食家」にさせることも

アスペルガーの人の中には「偏食家」が多いといわれています。

偏食というのは、例えば毎日カップラーメンばかり食べて生活する、お菓子ばかり食べている、そんな状況をいいます。食事が偏ると、やはり栄養バランスも偏り、心身に影響する可能性もあります。

これはアスペルガー特有の、味覚、触覚、嗅覚、視覚の過敏さと強いこだわりが影響しているといわれています。ご飯を食べる時は「このメーカーのこの食品でなければ嫌だ」「夕飯はいつも〇〇だけを食べる」「外食先はいつもここ」など特定のものしか受け付けないのです。

また、強いこだわりが原因で「食べず嫌い」となってしまうことも。しかし実際に食べてみるとこれまでと全然印象が変わったり、食べれなかったものが好物になるなんてこともよくあります。

偏食の改善方法

偏食は本人が改善したいと思わなければなかなか難しい問題です。
どうしても食べられないものがある場合は、予め周囲の人にきちんと伝えておいた方が良いかもしれません。

アスペルガー特有の「食べず嫌い」に苦労している周囲の人は、調理方法や見た目を少し変えてみるなど工夫をすると良いと思います。それでも本人が「食べたくない」とこだわるのであれば無理強いをしない方がいいかもしれません。本人が生理的に受けつけられない体になっている場合もあるからです。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク